アーセナルにとってヨーロッパリーグ出場がポジティブなものである理由を頑張って考えてみた

アーセナルは5位にてシーズン終了!来季はヨーロッパリーグに参戦!
山中拓磨 2022.05.25
有料限定

今季プレミアリーグの最終戦も終わり、アーセナルの21/22シーズンの最終順位は5位となった。シーズン当初の想定や目標から考えると、2年連続8位から5位に浮上というのは悪くないステップには思える。

ただし、シーズン最終盤にCL出場権獲得も手が届きそうな順位につけていながら失速、最終的に来季出場する欧州コンペティションがヨーロッパリーグとなってしまったのは少々残念ではあった。

Premier League
@premierleague
The story of the #PL season... 📈
2022/05/23 04:05
3903Retweet 16402Likes

とはいえ、もちろんCLに出場できていれば理想的だったかもしれないが、EL出場にもそれなりの(CL出場にはない)メリットもあるので、そこまでがっかりする必要はないかもしれない。

①スカッドの層の強化の予行演習

本来であれば、今季のアーセナルは欧州コンペティション出場権がないことを活かして国内リーグで無双!!というシナリオを思い描いていたはずだ。

過去にはレスターやチェルシーがプレミアリーグを優勝した年など、ミッドウィークの試合がないチームは基本的に国内の日程がかなり有利になり、それを活かして好順位につけられるチームが現れることも多かった。

コンディションが落ちにくいだけではなく、週1の試合が主であれば、スタメンをほぼ固定して連携を深められる、というメリットもある。

だが、残念なことに今季のアーセナルはフィジカル面で日程の有利さを活かせたという印象はあまりなく、過去何年かでナンバーワンの試合の少なさだったにもかかわらず、主力の怪我も相次いだ。

これが何故なのかに関しては様々な意見があるだろうが、どちらにせよ、今季のアーセナルの選手層はプレミアリーグを戦い切るのも精いっぱい、という様相を呈しており、来季アプレミアリーグと欧州コンペティション両方を戦い上位進出を目指せるだけのスカッドの層の厚さを確保しなくてはならない。

もちろんヨーロッパリーグであれば楽勝である、というわけではないが、決勝トーナメントはともかく、CLのグループステージと比べればELのグループステージはある程度余裕があるのも事実だ。

最悪の場合は冬に補強をして決勝トーナメントに備えることも出来るはずだし、CL出場権を逃してある程度夏の予算は減少したのではないかと思われるが、その分第一線級の控え選手を揃えるのを今年ではなく冬、あるいは来夏まで先送りすることも可能、という見方も出来る。

現状アーセナルのスカッドは少々スリムすぎるので、ここからひと夏でプレミア&CLを並行して戦えるエリートレベルの選手を多く揃えるぞ!というのはかなりハードルが高く、その一歩手前くらいの陣容を今年は構築し、来年さらにもうひと夏使ってCLレベルのスカッドを揃えることが出来るという意味では、エドゥとアルテタというチーム作りの経験が豊富とは言えない二人にとっては今年はちょうどよい予行演習となるかもしれない。

この記事は有料読者限定です

続きは、1830文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・アーセナルの試合考察
・アーセナルの移籍予想
・マニアックなアーセナルニュース

近日配信予定

  • ガブリエル・マルティネッリの魅力を語る
  • アーセナル真の移籍金ランキング
  • ウォルバーハンプトン戦振り返り
シーズン最終節から見えた3つのポイント
読者限定
来季に向けたアーセナルの3つの課題
有料限定
あって良かった貯金: トッテナム戦から見えた3つのポイント
有料限定
救世主は少し遅れてやってくる: リーズ戦から見えた3つのポイント
読者限定
今季のアーセナル躍進の3つの理由
有料限定
CLの呼ぶ声がする!ウエストハム戦で見えた3つのポイント
読者限定
【検証】最も信ぴょう性があるのは!? 移籍を真っ先に報じたメディアを探...
有料限定
ようこそアーセナル沼へ!マンチェスター・ユナイテッド戦エモーショナルレ...
読者限定