アーセナルが獲得すべき5人のストライカー

新年の幕開けは海外サッカーファンにとっては同時に移籍市場の幕開けも意味する。アーセナルの重要補強ポイントとなっている前線だが、クラブは冬に動きを見せるだろうか。
山中拓磨 2021.12.31
有料限定

2021年ももうすぐ終わりを迎えるが、今年はアーセナルにとって激動の1年となったと言っていいだろう。昨季は8位に終わり、夏の大型補強、そして今季開幕直後の不調からの年末の時点で4位につけるというジェットコースターのような1年間だったが、今年の暮れにクラブを揺るがしたのがオーバメヤンのキャプテンはく奪だった。

これ以降オーバメヤンはメンバー入りしておらず、もともと契約が残り半年となっていたラカゼットとエンケティアの去就も不透明となっている。

仮にこの3人が半年以内にクラブを去ると仮定すると、来季の時点でアーセナルに残るのはまだ若いバログンと、現状サイドでのプレイが主戦場となっているマルティネッリのみとなってしまい、アーセナルが前線の補強を必要としていることは間違いない。

もし本命ターゲットが冬に獲得可能であればクラブは何らかの動きを見せると思われるが、これまでにアーセナルが興味を示したという話が出た5人の選手を紹介していこう(スタッツは全てFBrefによる。市場価値はTransfermarkt算出のもの)。

この記事は有料読者限定です

続きは、4779文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・アーセナルの試合考察
・アーセナルの移籍予想
・マニアックなアーセナルニュース

近日配信予定

  • ガブリエル・マルティネッリの魅力を語る
  • アーセナル真の移籍金ランキング
  • ウォルバーハンプトン戦振り返り
アーセナルにとってヨーロッパリーグ出場がポジティブなものである理由を頑...
有料限定
シーズン最終節から見えた3つのポイント
読者限定
来季に向けたアーセナルの3つの課題
有料限定
あって良かった貯金: トッテナム戦から見えた3つのポイント
有料限定
救世主は少し遅れてやってくる: リーズ戦から見えた3つのポイント
読者限定
今季のアーセナル躍進の3つの理由
有料限定
CLの呼ぶ声がする!ウエストハム戦で見えた3つのポイント
読者限定
【検証】最も信ぴょう性があるのは!? 移籍を真っ先に報じたメディアを探...
有料限定